鯖と山芋と私

30 dai no mo jo

ブルーブラッドベリーベリーガーデン

仕事あがりのトマトカレーはうまい

トマトの酸味があごのうらの疲れきったあたりにジュワーーってして、しみたーしびれた惚れたこれだみんなコピれメモれー

明日頑張れるかどうかは明日の私が決めることだから、明日も頑張ろうとは思わないけど、今日頑張ったな!!という充足感は得られる。

さっきまで煮出してスカスカになった鶏ガラみたいだった私の心に潤いがうまれる コラーゲン…

 

そう、さっきまで煮出した鶏ガラみたいだったんだけどね(あくまで心が。肉体的にはガラのような繊細さは皆無)、エレベーターで偶然後輩にあってね。その後輩がいつも髪形ビシーッでスーツもパリッとしてて、神様も本人も外見に力入ってるなーっていう感じなんだけど、スーツすっごい青かったのよ。

だから私ね、「青っ!!」って言ったの。そしたら後輩が「良いでしょ?」って返したの。

 

あー、なんかいいなあ、「良いでしょ?」っていう返し。私のコメント自体が単なる事実の指摘で、いいとも悪いとも言ってないじゃないですか。それにたいして「良いでしょ?」って、余裕ある感じでいいよね。

私も今度からそういう、良いか悪いか判らないこと言われたときは、「良いでしょ?」って返そう~。なんか、「もし良い意味で言われてて、これから褒められちゃったらなんか照れちゃう」みたいな変な先回りして、「これ安くって」とか「地味でしょ」とか「変だよね」とか卑下したこと言っちゃうの、やめよう。

「良いでしょ?」って使えるなぁ。そういう言葉の節々から、飾らない素直さと余裕を醸し出せるレディいいですよね。

 

時々ね、素直さって余裕だなと思うのよ。どーんと構えてて、自分の軸はちょっとやそっとじゃブレないし、例えブレたとしても大事ない、みたいな余裕こそが、相手のいってることを素直に受け止める姿勢に繋がるのかなって

相手の言ってることの、思ってることの通りにしようと言う必死さは「従順さ」に

相手は相手、自分は自分だからとりあえず言ってみなよ、みたいな余裕は「素直さ」に

似てるようで違うんじゃないかってね、思うんですよね。どっちが好きかはその人次第だけれども。